サイトマップ プライバシーポリシー 交通案内 関係機関へのリンク
Quality of Life
目指しているのは心もいっしょに回復すること。
ホーム 患者さまへ 医療関係者の皆様へ 新潟 リハビリテーション病院のご紹介
診察を受けたい方へ 外来担当表 診療科案内 入院 健診 患者さまへのお約束
 リハビリテーション科
  疾病や外傷などで体に不自由が生じ、あるいは、脳卒中や脳外傷後の高次脳機能障がいで日常生活に支障がある方々に対し回復期から在宅まで包括的なリハビリテーション治療を提供いたします。担当医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、医療相談員、管理栄養士などリハビリテーション専門スタッフがチームを組み、患者さま一人ひとりに適したきめ細やかな機能訓練を行います。回復期病棟では集中的にリハビリテーション治療を行い早期社会復帰を目指しています。
   
 整形外科
  成長期のスポーツ障がいから高齢者の骨粗鬆症骨折や変形性関節症まで幅広く骨関節疾患の診断、治療を行います。無菌手術室を備え、必要に応じて手術治療を行います。
当院ではリハビリテーション科との連携により、骨折など外傷後や骨関節手術後の患者さまに効果的な治療を実施しています。
     
 内 科
  脳梗塞、虚血性心疾患、大腿骨や脊椎の骨折は、加齢とともに増加し、リハビリテーション病院に入院する患者さまの基礎疾患として多いものです。これらの発症を予防するためには、生活習慣病と呼ばれる糖尿病、高血圧症、高脂血症、骨粗鬆症などを早めに治療することが重要です。住民健診や人間ドックで異常を指摘されても、自覚症状がないため、病院受診や定期的通院を怠りがちなこれらの病気の患者さまを対象に、薬物治療だけでなく、食事指導や生活習慣全般の改善をめざした外来治療を行います。
     
 歯科/歯科口腔外科
  おいしく食べることは、かけがえのない喜びです。歯や、入れ歯を大切にしていくためには、口腔ケアが重要です。長期の病床生活で食べる力が衰えないよう、誤嚥性肺炎を引き起こさないよう口腔ケアを行うとともに、むし歯や歯周病、義歯不適合に対する治療を行います。車椅子対応ユニットを備えていますので、車椅子のままでの障がい者歯科治療が可能です。さらに一般歯科診療、摂食・嚥下障がいへの治療も行います。
     
 特殊外来

スポーツリハビリ外来
スポーツ障がいから早期の競技への復帰を目的に、リハビリテーションの技術を駆使して診療を行っています。

骨粗しょう症予防外来
骨粗鬆症は骨の量が減少することにより骨が弱くなる病気です。放置しておきますと骨折しやすくなります。骨折をしたことのある方、骨粗鬆症が心配な方などに最新の検査による診断と骨折予防のための治療、生活指導を行います。

禁煙外来
COPDは、がん、心筋梗塞、脳卒中に次ぐ世界4大成人病です。
喫煙がこれら成人病との因果関係は広く知られています。そのため、禁煙は疾病予防の最も効果的対策の1つです。
禁煙は一人でしようと思ってもなかなか上手くいきません。そのため、医師のサポートにより、より多くの方が禁煙を実現できるよう、平成18年より禁煙外来が保険診療となりました。ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200を超える方々が対象となります。「タバコを吸わないこと」は、健康の維持に不可欠なものです。思い切って、禁煙にチャレンジしてみませんか?

糖尿病外来
糖尿病は合併症を引き起こす怖い病気です。網膜症・腎症・神経障害といった3大合併症と言われる症状が有名ですが、自覚症状がないまま進行してしまうことがあります。
糖尿病外来では、生活の状況(食事・運動・仕事・ご家族のことなど)を伺い、患者さんの日常生活から糖尿病の原因を分析します。さらに、体重や血液等測定、血液検査・尿検査で、血糖値・ヘモグロビンA1c・尿酸の数値を分析し、体内環境の詳細分析を行います。これら調査をもとに、治療計画をたて、糖尿病の進行の予防や改善を行います。
治療は主に、食事療法、運動療法、薬物療法の治療で血糖のコントロールを行います。合併症の種類や程度によっては、食事や運動・薬物療法に特別な考慮が必要になる場合がありますが、いずれにせよ適切で継続した治療が必要です。
体内環境を整え、いつまでの元気に過ごせるよう、一緒に糖尿病の進行を予防しましょう。

もの忘れ外来
物忘れや認知症でお悩みの方に、頭の働きについて、ご本人またはご家族が気軽に相談していただける窓口です。外来通院で以下の3つを行います。

1| 専門の医師による時間をかけた診療と専門家による認知テスト、頭部MRIによる断層写真や脳波を含む検査などによって、病気の有無や種類、程度を診断します。
2| 病気の種類と程度ごとに可能な治療とリハビリテーションを行います。
3| 完治が難しい病気の場合にも、より良い環境で日々の療養生活がおくれるよう、患者さまとご家族の生活状況をふまえて相談、助言、指導を提供します。

腰痛・せぼねの変形外来
難治性の腰痛患者さんを対象として、骨粗鬆症や脊柱管狭窄症といった骨や神経の病気だけでなく、リハビリテーション部門のスタッフの協力のもと身体の筋力や歩行機能などを含めた全身的な診察を行います。そして、診察結果をもとに、患者さん個人にあった運動療法も組み込んだ治療プログラムを立てさせていただきます。 ⇒詳細はこちら

Copyright (C)2007 AIKO-GROUP  All Rights Reserved. 新潟リハビリテーション病院 〒950-3304 新潟市北区木崎761番地 TEL:.025-388-2111(代) FAX:.025-388-3010