医療法人愛広会 新潟リハビリテーション病院
サイトマップ プライバシーポリシー 交通案内 関係機関へのリンク
Quality of Life
リハビリテーション部
ホーム 患者さまへ 医療関係者の皆様へ 新潟 リハビリテーション病院のご紹介
外来担当者 診察を受けたい方へ 入院 健診 診療科案内 各部署紹介
HOME > 各部署紹介 > リハビリテーション部 > ご挨拶
各部署紹介‐リハビリテーション部

ごあいさつ

医師

当院では重度の障がいが残る脳卒中や脳外傷などの脳疾患や脊髄損傷患者さんを回復期病棟で集中的にリハビリテーションを行っています。回復期病棟は365日体制であり一日平均6単位以上の充実加算を算定しています。退院後の状態が予測できる状態になった時期に担当リハビリテーションスタッフとソーシャルワーカーが患者さんに同行し家屋調査をほぼ全例で行っています。退院前には日常生活能力に応じて退院後の生活を見据え、家族の負担も考慮し福祉サービス調整を行いより円滑に自宅での生活が営めるように支援しています。

日常生活の中で移動が自立し、トイレ動作が自立することは極めて重要なことです。脳卒中や脊髄損傷の患者さんでは入院当初は自分で起き上がることも寝返りさえもできず、排泄も介助を要することがほとんどです。自分で車椅子に乗り移れたら一人でベッドから離れて暮らすことが可能となります。トイレ動作が自立できれば、更に人の介助をあてにせずに気兼ねなく生活することが可能となります。自由に外出できたらどんなに素晴らしいか、という患者さんの気持ちを実現できるように、少しでも機能改善ができ快適な暮らしができるようにと常に考え先駆的なリハビリテーションを行っています。

リハビリテーション科 﨑村 陽子 医師

各科の紹介

リハビリテーション部は理学療法科、作業療法科、言語聴覚科、臨床心理室という4つの専門職部門で構成されています。ミーティングやカンファレンス、日々の臨床活動を通してしっかりと連携をとりながら患者さんの回復、個々のスキルアップに努めています。

リハビリテーション部の集合写真

リハビリの特色

当院のリハビリテーション部門は、眼前に存在する臨床的ニーズに応えることはもちろん、開院以来様々な新しい試みを定着させてきました。自動車運転に依存する地方都市ならではの運転能力評価に対する取り組み、高まる健康志向の中でのプロ、アマチュアを含むスポーツ愛好家へのリハビリテーションと障がい予防、「見えない障がい」と言われる高次脳機能障害やQOL向上に欠かせない「食べる」行為に対する評価とリハビリテーション、先端的リハビリテーション医療としてのボツリヌス療法やロボットスーツの臨床適用・開発に対する取り組みなどです。
これらの分野に取り組むスペシャリストたちが、それぞれの分野を超えて、当院を利用する方々のために日々連携をとりながら「より良い日常」の回復をお手伝いします。

Copyright (C)2007 AIKO-GROUP  All Rights Reserved. 新潟リハビリテーション病院 〒950-3304 新潟市北区木崎761番地 TEL:.025-388-2111(代) FAX:.025-388-3010