MENU

看護部

‐ 看護部

 

看護部長挨拶

新潟リハビリテーション病院は、回復期医療の機能を持ちリハビリテーションに特化した病院です。特に脳血管疾患や大腿骨・椎体骨骨折などによる身体機能の低下を改善し、在宅復帰、寝たきり防止を目的に多職種によるチーム医療を実践しています。

また病・病連携や病・診連携を通し、地域医療発展に取り組んでいます。

私たち看護部は、脳卒中リハビリテーション認定看護師による研修を定期開催し、日々研鑽しながら専門的な知識と技術を養い、患者さん・ご家族とともに入院時から退院後に目を向け、退院後も再骨折・再発防止のためにフォローを行い、予防的継続支援に力を入れています。

一人ひとりが目配り・気配り・心配りでホスピタリティ精神を大切にし、明るく優しく暖かいケアで期待と信頼に応える看護を心がけています。

働きやすい職場環境として、フレキシブルな勤務体制や院内保育施設を設置し、ワークライフバランスにも考慮しています。職員の定着率も高く、長く勤められる職場を目指し続けています。

「患者さんの笑顔とともに、ケアの喜びを感じる日々を大切にしたい・・・」

そんなリハビリ看護を一緒に学び深めてみませんか。

新潟リハビリテーション病院
看護部長 中川 マユミ

病院理念・基本方針に基づき看護部において以下の理念・基本方針を定め、
看護部一丸となって、達成できるように取り組んでいます。

理念

  1. 私たちは、患者・家族の人権と個々の価値観を尊重します。
  2. 私たちは、患者の安全・安楽・安心・自立への責務を果たします。
  3. 私たちは、医療チームの一員としての自己研鑽を積み、専門職としての責任を果たします。

活動方針

  1. 看護の質の向上と、個別性の看護ができるようになる。
  2. 事故防止に努め安全・安楽・安心・自立した療養生活が送れるよう援助する。
  3. 成果のあがる目標管理を実践する。
  4. 看護記録の充実を図る。
  5. 自己啓発に努め豊かな人間性を養う。
  6. 働きやすい職場環境を創りだすよう努める。