MENU

認定看護師のご紹介

新潟リハビリテーション病院で働く認定看護師をご紹介します。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 太田 みちる

平成30年7月に摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得しました。
摂食嚥下(せっしょくえんげ)障害とは、のみこむことが難しくなるなどの理由で食事が安全に充分な量を食べられなくなってしまうことです。食事を食べるということは、美味しく味わう、家族や友人と楽しい時間を共有するといった栄養補給以外の役割もあります。そんな人生の楽しみである食事を、少しでも長く安全に口から食べられるように院内スタッフと協力して取り組んでいます。
認知症看護認定看護師 菅沼 里菜

私は、認知症ケアの理念である「パーソン・センタード・ケア」といわれる、「年齢や健康状態にかかわらず、全ての人々に価値があることを認め尊重し、一人一人の個性に応じた取り組みを行い、認知症を持つ人の視点を重視し、人間関係の重要性を強調したケア」を念頭に置き、認知症の方が少しでも安心して暮らしていけるように、みんなで情報共有しながら、一緒に知恵を出し合って認知症の方やその家族、認知症の方を取り巻く多くの皆さんも含め、笑顔で関わっていけるようなお手伝いをして行けたらと考えています。
まだまだこれから皆さんと認知症について一緒に悩んで考えていきたいと思っています。