MENU

国際骨粗鬆症財団 日本初認定

‐国際骨粗鬆症財団 日本初認定

<日本初>新潟リハビリテーション病院の骨粗しょう症治療の取り組みが
CAPTURE The FRACTURE【銀賞】に認定

新潟リハビリテーション病院は、国際骨粗鬆症財団(IOF:国際的な骨粗鬆症の治療、予防・啓蒙活動に取り組む財団)が行うベストプラクティスフレームワーク「大腿骨近位部位骨折の二次骨折予防の取り組みに対する認定制度」に、日本で初めて認定されました。

この認定制度は、「骨折患者の二次骨折予防のための骨折後の評価や治療」「二次骨折予防のための追跡調査・予防活動システム」などの13項目について申請された内容について審査し、「金賞」「銀賞」「銅賞」とした評価認定を行うものです。

新潟リハビリテーション病院は、「再骨折予防手帳」を始め「リエゾンナースによる追跡調査・予防活動」や「二次骨折予防啓蒙活動」等、いちはやく骨粗鬆症患者の二次骨折予防に取り組んでまいりました。

二次骨折予防は、骨粗鬆症の早期発見、早期治療、そして切れ目のない治療による骨折予防が大きな課題です。

そのためには、医師や看護師だけでは無く薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、クラーク、医療ソーシャルワーカー、介護福祉士など、幅広い領域のスタッフの連携が必要です。

新潟リハビリテーション病院のチーム医療としての取り組みが、国際的評価機構に「銀賞」として評価されたことの意味は大きく、今後は二次骨折予防のためのリーディングホスピタルとして自覚し、さらに上位賞や脊椎圧迫骨折等の分野でも受賞できるように、スタッフ一同一丸となってより質の高い医療の提供を行う方針を表明いたします。

http://capturethefracture.org/map-of-best-practice」より引用

世界中のCAPTURE The FRACTURE認定状況が一覧できます。
日本では新潟リハビリテーション病院のみが認定を受けています。