MENU

最も厳しい基準をクリア

‐ 当院の“回復期リハビリテーション病棟”の特徴

  1. 最も厳しい基準をクリア
  2. 365日リハビリを提供 脳血管疾患と運動器疾患のリハビリをメインに提供

1. 最も厳しい基準をクリアしています

“回復期リハビリテーション病棟”を標榜する病院は、実は厚生労働省の基準で3段階に分けられています。
医師・スタッフの人員の充実度や、治療の達成度などの基準が明確に設けられています。
当院は、最も厳しい基準である「回復期リハビリテーション病棟1」をクリアしています。
たとえば、入院時に重症の方を一定以上受け入れる一方で、退院時の在宅復帰率(患者さんが退院時に自宅に戻って生活出来る割合)も一定以上の実績がなければなりません。

当院実績例1 ※在宅復帰率基準:70%以上
回復期病棟在宅復帰率 平成25年度 平成26年度 平成27年度
81.9% 82.4% 82.4%
当院実績例2
病棟人員配置 理学療法士(うち専従) 作業療法士(うち専従) 言語聴覚士(うち専従)
当院配置 13名(7名) 13名(8名) 8名(4名)
厚生労働省 最低基準 -(3名) -(2名) -(1名)