MENU

リハビリテーション部の紹介

‐ リハビリテーション部の紹介

リハビリテーション部は理学療法科、作業療法科、言語聴覚科、臨床心理室という4つの専門職部門で構成されています。

ミーティングやカンファレンス、日々の臨床活動を通してしっかりと連携をとりながら患者さんの回復、個々のスキルアップに努めています。

理学療法科

理学療法とは

病気やケガなどで身体が不自由になった人に対して、座る、歩くといった基本的動作能力の回復や維持をはかる治療法です。

大きく分けて、運動療法と物理療法、動作訓練があります。また、退院に向けて、日常生活活動の指導、補装具自助具の利用、住宅改造やご家族への介護指導なども行います。

身体機能だけでなく、心理面やリスクなどをふまえ、一人ひとりの適切な治療方法、目標を設定し、治療を進めてまいります。

障がいを持った人の自立へ向けたお手伝い、「生活の質」の向上を援助しています。

物理療法
無重力トレッドミル(AlterG)
バイオデックス

作業療法科

作業療法とは

作業療法は、病気やけがにより身体や精神に障がいを負った方に対し、今までの生活やその方の価値観を考慮したうえで、「その人らしい」生活の再獲得を目標に、「作業」を用いて治療を行うリハビリテーションです。

「作業」とは、身辺動作(食事・排泄・入浴・更衣・整容など)、家事動作、自動車運転、仕事、余暇、地域活動など人間に関わる諸活動をいい、それらすべてが作業療法の治療手段であり達成目標となります。

障がいがあっても残された機能を最大限に活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した訓練や指導、援助を行います。

退院後の生活を想定した
床上動作訓練ができる設備
ドライビングシミュレーターを用いた訓練
装具(スプリント)作成の様子

言語聴覚療法

言語聴覚療法とは

言語聴覚療法では、脳の病気によって起こることばの障害、高次脳機能の障害、摂食嚥下(嚥下:飲み込み)の障害、聴覚の障害などのリハビリテーションを行います。

脳の病気には、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍のほか、事故などによる外傷、脳挫傷、また認知症などがあります。

高次脳機能障害は一人の患者にいくつもの症状が合併して起こることがあり、一人ひとりの障がいの状態を詳しく評価して把握し、一人ひとりに合ったリハビリテーションメニューを組み立てて援助します。

ご家族には障がいの状態を説明し、対応の仕方、在宅での生活の助言などを行います。
必要に応じて、支援機器の紹介や情報提供も行います。

聴力検査
嚥下造影
集団療法

臨床心理室

当院の臨床心理室では、臨床心理士が多職種と連携しながら入院・外来患者さんやそのご家族の心理面の支援を行っています。

急な病気やケガで、こころに負担がかかっていることもあるかと思います。
ご自身が日々の生活の中でより自分らしく生き生きとした状態が保てるよう、患者さんやご家族と一緒に考えて支援していきます。

面接室

以下のようなことでお困りの方は、辛い気持ちや不安をためこまず、お気軽にご相談ください。

  • 病気やケガのことを考えて、気持ちが沈んで仕方がない
  • 家族関係や今後の生活が心配で、気持ちが落ち着かない
  • 眠れない、食欲がない、集中できない
  • 自分の性格や対人関係で悩んでいる、など
心理検査

心身の不調の程度や状態を理解しその後の支援に役立てるために、患者さんの了承をいただいたうえで行います。
ストレス、抑うつ、不安を測定する検査や性格検査の他に、知的側面や情緒的側面、対人関係の特徴などを理解するための検査を行っています。

心理カウンセリング

心理カウンセリングでは、患者さんやそのご家族のこころの不調を和らげ、困っている状況を改善させるためのお手伝いをしています。